• ホーム
  • 膣カンジダは自己感染や家庭内感染なども考えられる

膣カンジダは自己感染や家庭内感染なども考えられる

女性が発症してしまう性病のひとつに膣カンジダがありますが、これは性病であっても性行為だけが原因で感染する病気ではありません。これまでに膣カンジダになったことがなければ、どのような経路で感染するのか知らないという人も多いかもしれませんが、発症する原因を知っておかなければ、病気に気づくことができない可能性もあります。カンジダ症は性行為が原因ではなく、自己感染や家庭内感染が多いということを認識しておくことが大切だと言えるでしょう。

カンジダの原因となるカンジダ菌は、もともと腸管内や口腔内、膣内に存在しているものであり、この常在菌は誰が持っていてもおかしくありません。普段、常在菌が身体に対して悪さをすることはないのですが、ストレスや疲労の蓄積によって免疫機能が低下してしまったときなどに常在菌が刺激されて異常増殖を引き起こすとカンジダ症を発症するのです。もともと体内に存在している常在菌が原因となって感染することを自己感染と呼び、特に女性の膣カンジダは自己感染が多いと言えます。

家庭内感染は食器の共有などでも起こりますが、これは口腔内に症状があらわれるカンジダ症であり、膣内には影響を与えません。膣カンジダを引き起こす場合は、感染者とタオルや下着を共用することが原因として挙げられるので、感染している家族がいるのであれば、ひとりひとり別のタオルを使用するべきだと言えるでしょう。直接タオルで性器を拭くことがないとしても、カンジダ菌が付着したものを触ることで手に菌が付着し、それで性器を触ってしまうことで感染することがあります。

膣カンジダを発症するとかゆみが起こったり、おりものに異変が見られるようになったりするので注意しておきましょう。おりものの変化や陰部のかゆみから膣カンジダの感染が疑われる場合は、検査を受けたり病院で診察を受けたりするようにしてください。もしも膣カンジダであると診断されたのであれば、エンペシドと呼ばれる治療薬を用いれば効果的に症状を改善していくことができるでしょう。カンジダは再発を繰り返しやすい病気のひとつなので、症状が改善されたと感じてもしばらくエンペシドを使用し続けることで、なるべく菌を身体から排除していくことが大切です。

膣カンジダは性行為がなくても自己感染や家庭内感染で発症してしまうことがあるので、感染しないように気をつけておくことが大切だと言えます。疲労やストレスなどによる免疫機能の低下で簡単に発症してしまうだけではなく、治療しても体内に菌が残っていれば再発を繰り返してしまうことになるでしょう。膣カンジダになってしまったときにはエンペシドのような効果的な治療薬を用いることで、しっかりと症状の改善を行い、再発しないようにしておくことが大切だと言えます。早期発見や早期治療によって、より効果的な治療を実現することができるので、自覚症状があらわれたときには検査や病院の受診を行いましょう。

関連記事
口唇ヘルペスは薬剤師が在中していれば薬局で薬を買える 2020年05月02日

感染症の治療薬は病院で処方してもらう以外の方法で手に入れようとすると、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用しなければならないケースが多いと言えます。しかしながら、口唇ヘルペスに効果がある治療薬は国内のドラッグストアで市販されているものがあるので、病院や通販サイトを利用しなくても簡単に手に...

トリコモナスの特徴はオリモノの悪臭で気づくはず 2020年03月26日

トリコモナスも有名な性病のひとつだと言えますが、これは性行為がなくても感染することがある病気であり、銭湯やプールなどの公共施設の利用で感染することがあります。原虫が原因である病気であり、トリコモナス原虫が体内に侵入してしまうことによって、身体に様々な症状があらわれるようになりますが、特に女性は特徴的...

水疱瘡や帯状疱疹にはゾビラックスでウイルスの増殖を抑える 2020年02月15日

水疱瘡や帯状疱疹に効果のある治療薬はいくつかありますが、そのひとつにゾビラックスと呼ばれる抗ウイルス薬があり、これも水疱瘡や帯状疱疹の治療に効果的な作用をもたらします。これらの病気は自然治癒することができないわけではありませんが、症状があらわれているにもかかわらず治療を行わなければ、周りの人に感染さ...

免疫力が落ちているときに帯状疱疹になる場合があります 2019年12月11日

帯状疱疹が発症するメカニズムについて詳しく知らないという人は少なくありませんが、これは水疱瘡に感染したときのウイルスが身体のなかに潜伏し、それが再発することによって帯状疱疹が引き起こされます。子供の頃に発症することが多い水疱瘡ですが、この病気のウイルスは身体から完全に排除することができません。そのた...

クラミジアは性的接触で感染してしまう 2019年12月30日

有名な性感染症にはクラミジアがありますが、これは日本国内でも最も感染者数が多い性病であり、その数は40万人以上だと言われています。クラミジアは性的接触で感染するという特徴があるので、性行為を行う人であれば誰でも感染してしまうことがある病気だと言えるでしょう。感染経路や症状などについて知ることで、いざ...