• ホーム
  • 妊婦の時にヘルペスに感染していると胎児にも感染してしまうので注意

妊婦の時にヘルペスに感染していると胎児にも感染してしまうので注意

危険なウィルス

妊娠している最中に性病などの病気に感染すると、胎児にも悪い影響を与えてしまう可能性があると知っている人は多いものですが、ヘルペスに関しても同じだと言うことができるでしょう。妊婦さんがヘルペスになってしまった場合、胎内感染や産道感染を引き起こして胎児がヘルペスになる可能性がありますし、無事出産できたとしても接触による感染で赤ちゃんが病気になる可能性もあるのです。妊娠中や出産後、赤ちゃんにヘルペスを感染させてしまう可能性があるということを理解し、赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうことがないように病気を予防したり治療したりすることが大切だと言えます。

妊婦さんが発症すると、胎内感染によって胎児も同じ病気になってしまう可能性がありますし、胎内感染が起こらなくても性器に症状があらわれている場合は、赤ちゃんが産道を通るときに産道感染が起こることもあるのです。胎内感染していた場合は、早産や流産してしまうリスクの一因となりますし、早産などが起こらなかったとしても赤ちゃんが病気を患っていることがあります。これまでにヘルペスを経験したことがある人は少しつらい思いをするくらいなので平気だと思うかもしれませんが、大人が感染するときと違って抵抗力がとても弱い赤ちゃんは重篤な病気となってしまう可能性があるのです。

新生児ヘルペスには全身型と中枢神経型、表在型がありますが、このなかでは全身型が最も重い症状となる病気であり、多臓器不全によって死亡に至るケースが多いと言えます。中枢神経型の場合は死に至るケースは少ないですが、脳炎による痙攣が見られるだけではなく、神経学的後遺症を残すことがある重篤な病気です。表在型は最も軽い症状ではありますが、それでも皮膚や口腔、目などに水ぶくれができてしまって赤ちゃんが苦しい思いをすることになるでしょう。

通常であれば母乳感染を起こすケースは極めて低いとされていますが、重度のヘルペスを患っている場合は、母乳中に感染した例も報告されているので注意が必要です。胎内感染や産道感染がなくても、母乳感染についても気をつけておかなければならないと言えるでしょう。それ以外にも発症部位との接触などによってうつしてしまう可能性があるので、赤ちゃんに感染してしまうことがないようにすることが大切です。

妊娠中はヘルペスを含めて性病になっていないかどうか、定期健診などでチェックするようにしてください。検査によって早期発見することができれば治療を行うことができますが、検査していなければ発見することができず赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうかもしれません。感染していることが判明すれば適切な治療を行ったり、帝王切開に切り替えたりすることができますので、妊娠中の病気には特に気をつけるようにしてください。ヘルペスを発症しているかもしれないと感じたときは、医師に相談したり検査を受けたりすることが大切です。

関連記事
口唇ヘルペスは薬剤師が在中していれば薬局で薬を買える 2020年05月02日

感染症の治療薬は病院で処方してもらう以外の方法で手に入れようとすると、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用しなければならないケースが多いと言えます。しかしながら、口唇ヘルペスに効果がある治療薬は国内のドラッグストアで市販されているものがあるので、病院や通販サイトを利用しなくても簡単に手に...

トリコモナスの特徴はオリモノの悪臭で気づくはず 2020年03月26日

トリコモナスも有名な性病のひとつだと言えますが、これは性行為がなくても感染することがある病気であり、銭湯やプールなどの公共施設の利用で感染することがあります。原虫が原因である病気であり、トリコモナス原虫が体内に侵入してしまうことによって、身体に様々な症状があらわれるようになりますが、特に女性は特徴的...

水疱瘡や帯状疱疹にはゾビラックスでウイルスの増殖を抑える 2020年02月15日

水疱瘡や帯状疱疹に効果のある治療薬はいくつかありますが、そのひとつにゾビラックスと呼ばれる抗ウイルス薬があり、これも水疱瘡や帯状疱疹の治療に効果的な作用をもたらします。これらの病気は自然治癒することができないわけではありませんが、症状があらわれているにもかかわらず治療を行わなければ、周りの人に感染さ...

免疫力が落ちているときに帯状疱疹になる場合があります 2019年12月11日

帯状疱疹が発症するメカニズムについて詳しく知らないという人は少なくありませんが、これは水疱瘡に感染したときのウイルスが身体のなかに潜伏し、それが再発することによって帯状疱疹が引き起こされます。子供の頃に発症することが多い水疱瘡ですが、この病気のウイルスは身体から完全に排除することができません。そのた...

膣カンジダは自己感染や家庭内感染なども考えられる 2020年01月18日

女性が発症してしまう性病のひとつに膣カンジダがありますが、これは性病であっても性行為だけが原因で感染する病気ではありません。これまでに膣カンジダになったことがなければ、どのような経路で感染するのか知らないという人も多いかもしれませんが、発症する原因を知っておかなければ、病気に気づくことができない可能...