• ホーム
  • 口唇ヘルペスは薬剤師が在中していれば薬局で薬を買える

口唇ヘルペスは薬剤師が在中していれば薬局で薬を買える

感染症の治療薬は病院で処方してもらう以外の方法で手に入れようとすると、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用しなければならないケースが多いと言えます。しかしながら、口唇ヘルペスに効果がある治療薬は国内のドラッグストアで市販されているものがあるので、病院や通販サイトを利用しなくても簡単に手に入れることができるものもあるのです。口唇ヘルペスを発症しているけれど病院や通販サイトで治療薬を買うことが難しいときには、薬局やドラッグストアを利用してみると良いでしょう。

薬局ではヘルペシアクリームやアクチビア軟膏、アラセナSなどが市販されており、これらの商品は薬剤師が在中しているお店であれば購入することができます。いずれも口唇ヘルペスに効果のある治療薬であり、継続して使用することで症状の緩和を期待することができるものなので、ヘルペスが再発したときなどに利用すると良いでしょう。なかには口唇ヘルペスだと診断されていないのにドラッグストアで市販薬を購入しようとする人がいますが、これはおすすめできません。お店によっては医師から診断されていないなら販売できないと断られる可能性がありますので、初めて感染したときには病院で診察してもらうか、せめて検査キットで検査してヘルペスであることを確かめておきましょう。

口唇ヘルペスは家族間でも感染してしまうことがある病気であり、感染者がいる場合は食器やタオルの共用で病気がうつってしまうこともあるのです。ウイルスが存在している口内に入れた箸で大皿から料理を食べたり、顔を洗った後のタオルなどを共用したりすれば感染する確率が高まってしまうでしょう。感染者がいるのであれば食器やタオルの共用を避けなければなりませんが、知らず知らずのうちに感染してしまうこともあります。そのときは家族間で感染が起こってしまうので、他の家族からヘルペスがうつってしまったというときにも、すぐに手に入れることができるドラッグストアの市販薬を利用すると良いでしょう。

ヘルペシアクリームやアクチビア軟膏、アラセナSは口唇ヘルペスの水ぶくれやブツブツなどの症状を改善する働きがあるので、口内の水ぶくれなどに苦しい思いをすることがなくなります。口唇ヘルペスを放置しておくと、口内の痛みで食事が困難になってしまうこともありますので、症状に気づいたときにはできるだけ早い段階で適切な処置を行うことが大切だと言えるでしょう。薬剤師が在中しているお店であれば、これらのヘルペスに効果がある治療薬を販売してもらうことができるので、過去に口唇ヘルペスに感染したことがあってヘルペスの再発だと判断することができる場合は、市販薬を利用することがおすすめです。ヘルペスはとても再発しやすい病気なので、再発してしまったときに備えてドラッグストアで購入した市販薬を常備薬として置いておくこともおすすめだと言えるでしょう。

関連記事
トリコモナスの特徴はオリモノの悪臭で気づくはず 2020年03月26日

トリコモナスも有名な性病のひとつだと言えますが、これは性行為がなくても感染することがある病気であり、銭湯やプールなどの公共施設の利用で感染することがあります。原虫が原因である病気であり、トリコモナス原虫が体内に侵入してしまうことによって、身体に様々な症状があらわれるようになりますが、特に女性は特徴的...

水疱瘡や帯状疱疹にはゾビラックスでウイルスの増殖を抑える 2020年02月15日

水疱瘡や帯状疱疹に効果のある治療薬はいくつかありますが、そのひとつにゾビラックスと呼ばれる抗ウイルス薬があり、これも水疱瘡や帯状疱疹の治療に効果的な作用をもたらします。これらの病気は自然治癒することができないわけではありませんが、症状があらわれているにもかかわらず治療を行わなければ、周りの人に感染さ...

免疫力が落ちているときに帯状疱疹になる場合があります 2019年12月11日

帯状疱疹が発症するメカニズムについて詳しく知らないという人は少なくありませんが、これは水疱瘡に感染したときのウイルスが身体のなかに潜伏し、それが再発することによって帯状疱疹が引き起こされます。子供の頃に発症することが多い水疱瘡ですが、この病気のウイルスは身体から完全に排除することができません。そのた...

膣カンジダは自己感染や家庭内感染なども考えられる 2020年01月18日

女性が発症してしまう性病のひとつに膣カンジダがありますが、これは性病であっても性行為だけが原因で感染する病気ではありません。これまでに膣カンジダになったことがなければ、どのような経路で感染するのか知らないという人も多いかもしれませんが、発症する原因を知っておかなければ、病気に気づくことができない可能...

クラミジアは性的接触で感染してしまう 2019年12月30日

有名な性感染症にはクラミジアがありますが、これは日本国内でも最も感染者数が多い性病であり、その数は40万人以上だと言われています。クラミジアは性的接触で感染するという特徴があるので、性行為を行う人であれば誰でも感染してしまうことがある病気だと言えるでしょう。感染経路や症状などについて知ることで、いざ...