• ホーム
  • クラミジアは性的接触で感染してしまう

クラミジアは性的接触で感染してしまう

有名な性感染症にはクラミジアがありますが、これは日本国内でも最も感染者数が多い性病であり、その数は40万人以上だと言われています。クラミジアは性的接触で感染するという特徴があるので、性行為を行う人であれば誰でも感染してしまうことがある病気だと言えるでしょう。感染経路や症状などについて知ることで、いざというときに適切な行動をとることができるようにしておくことが大切だと言えます。

クラミジアは性的接触で感染してしまう病気なので、コンドームを使用せずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスによって発症することがあるので、性行為を行う際にはコンドームの使用が必須です。粘膜や性器が直接触れると原因菌が相手の体内に入り込んでしまって感染を引き起こしてしまうことになります。セックス以外にも、口内に症状がある場合はディープキスなどでも感染することがあるので、注意しておかなければなりません。

クラミジアを発症すると男性の場合は尿道炎のような症状を引き起こすことになり、尿道にかゆみや痛みを感じたり、尿道から膿のような分泌物が出るようになったりします。精巣上体に腫れが見られるようになったりすることもありますが、これらすべての症状がない人もいるので注意が必要です。女性の場合はおりものの量の増加や不正出血がありますが、おりものの量が増えたとしても微量なので気がつきにくいですし、そもそも症状があらわれないこともあります。

男性も女性もクラミジアを発症していることに気がつかないケースもあるのですが、性別に関係なくこの病気を放置してしまうことは非常に危険だと言えるでしょう。他の性病に関しても言えることではありますが、性病を放置してしまうと治療期間が長くなってしまったり重症化したりする可能性が高いです。自覚症状があらわれずクラミジアを放置してしまった場合は、男性は精巣上体炎からの無精子症、女性は骨盤腹膜炎や卵管炎からの不妊症を引き起こしてしまうことがあります。精巣上体炎や骨盤腹膜炎などの病気になってしまうと、それ自体にも苦しむことになりますが、そこから不妊症などの病気を引き起こしてしまうので、大変な思いをすることになってしまうのです。

クラミジアはジスロマックと呼ばれる抗生物質で治療することができますので、些細なことでも自覚症状があらわれたときは検査や病院での診察を受け、ジスロマックで治療することができるようにしてください。なるべく早くジスロマックを用いれば完治することができますので、早期発見と早期治療を心がけることが大切だと言えます。クラミジアの感染は性的接触が原因となってしまうので、まずは感染するリスクを下げるために性行為の際にはコンドームを使用することなどを徹底すると良いでしょう。性的接触が起こるときの行動に気をつけておけば、クラミジアを発症させる可能性を低くすることができるはずです。

関連記事
免疫力が落ちているときに帯状疱疹になる場合があります 2019年12月11日

帯状疱疹が発症するメカニズムについて詳しく知らないという人は少なくありませんが、これは水疱瘡に感染したときのウイルスが身体のなかに潜伏し、それが再発することによって帯状疱疹が引き起こされます。子供の頃に発症することが多い水疱瘡ですが、この病気のウイルスは身体から完全に排除することができません。そのた...

膣カンジダは自己感染や家庭内感染なども考えられる 2020年01月18日

女性が発症してしまう性病のひとつに膣カンジダがありますが、これは性病であっても性行為だけが原因で感染する病気ではありません。これまでに膣カンジダになったことがなければ、どのような経路で感染するのか知らないという人も多いかもしれませんが、発症する原因を知っておかなければ、病気に気づくことができない可能...

バルトレックスと飲み合わせが悪いものがあるので注意 2019年11月25日

医薬品を服用するときには飲み合わせに注意しなければ、思わぬ症状があらわれてしまう可能性があるので、なるべく一緒に摂取しないほうが良いものもあるということを知っておきましょう。併用すべきでない治療薬については注意しているという人も、飲み物などについては気にしていなかったというケースもありますので、どち...

バルトレックスにはジェネリックもあるのでつかってみよう 2019年11月05日

ヘルペス治療に効果的なバルトレックスにはジェネリック医薬品と呼ばれる後発薬が存在しており、先発薬であるバルトレックスよりも安い値段で購入することができるという特徴があります。治療薬の値段を気にしないという人もいるかもしれませんが、ヘルペスは再発を繰り返しやすい病気なので、何度も治療薬を購入することに...

妊婦の時にヘルペスに感染していると胎児にも感染してしまうので注意 2019年10月22日

妊娠している最中に性病などの病気に感染すると、胎児にも悪い影響を与えてしまう可能性があると知っている人は多いものですが、ヘルペスに関しても同じだと言うことができるでしょう。妊婦さんがヘルペスになってしまった場合、胎内感染や産道感染を引き起こして胎児がヘルペスになる可能性がありますし、無事出産できたと...